屋内でポップス・ロックを聴くのにおすすめのヘッドホンまとめ

  1. PCで快適!音楽生活 >
  2. ヘッドホン >
  3. 屋内でポップス・ロックを聴くのにおすすめのヘッドホンまとめ

MUSIC SERIES ONE(MS-1)+ラージイヤーパッドの画像

ヘッドホンは、イヤホンに比べて合う、合わない音楽のジャンルがはっきりしているので、自分が聴く音楽のジャンルに合わせて選ぶことがより重要になる。それでは、私が主に聴くポップス・ロックの場合、どんな特徴を持ったヘッドホンが合うのか?たぶん以下のような特徴の機種だろう。

私が体験した限り、できるだけこれらの特徴を持った機種が、ポップス・ロックには合うと感じた。それなら、具体的に屋内でポップス・ロックを聴くのにおすすめのヘッドホンとは一体何なのか?このサイトのスパイラルにはまらないヘッドホンの選び方と、価格をできるだけ検討した上でこのページにまとめてみた。

※おすすめするのは、新品の価格が3万円までの機種にする。

※生産終了してしまった機種も含む。ヤフオクなどで安く購入できるかもしれない。

オーディオテクニカのATH-A2000X

オーディオテクニカのアートモニターシリーズ(密閉型)の最上位機種。オーテクらしいやや高音よりのヘッドホンである。音の線が細くて低音の量感がないので、ロックには言うほど合わないが、ポップスには無難に合う。作りや装着感も、オーテク独自のウイングサポートで特に問題はない。

また、新品の最安値が、アートモニターシリーズの最上位機種としては、破格の28,000円ほどだったのも良い点だ。

ビクターのHP-M1000

ビクターの密閉型のヘッドホン。音が明るくて低音が出るので非常にノリが良い。よって、ポップス・ロックにかなり合う。聴いていて楽しいヘッドホンという意味では、この機種の右に出るものはなかなかないだろう。シリーズとしては下位機種にHP-M330、HP-M440、HP-M770があるが、上位機種はないので、一応この機種が最上位機種である。

本機はこのサイトでレビューしている。詳細は次を参照して欲しい。

HP-M1000(ビクター)のレビュー

ローランドのRH-300

ローランドのモニターヘッドホン(密閉型)。ビクターのHP-M1000が生産終了になったので、代替品ならこの機種か。HP-M1000のようなノリの良さはないが、こちらの方が基本性能が高くてさらにバランスが良い。作りや装着感も良いし、交換イヤーパッドも安い。シリーズとしては下位機種にRH-200があるが、上位機種はないので、一応この機種が最上位機種である。

個人的には、こういうヘッドホンでスパイラルを終わらせるのが、一番幸せのように思う。

ローランドのRH-A30

ローランドのRH-300の開放型バージョン。音はRH-300をそのまま開放型にしたようなものらしい。作りと価格はRH-300とほとんど変わらないようだ。装着感はイヤーパッドがベロア生地になっている分、このヘッドホンの方がやや上だろう。

ALESSANDRO(アレッサンドロ)のMUSIC SERIES ONE(MS-1)

ALESSANDRO(アレッサンドロ)の開放型のヘッドホン。耳乗せ型の小さいハウジングによる迫力のある音が魅力。開放型のため音の抜けもよく、ロックに非常に合う。

シリーズとしては、上位機種にMUSIC SERIES TWO(MS-2)とMUSIC SERIES PRO(MS-PRO)があるが、ALESSANDRO(GRADO)のシリーズの特徴として、上位機種ほど低音の量が少なくなるようなので、この機種で良いのではないか。イヤーパッドを別売りのラージイヤーパッドに交換すると、上位機種に迫る音になる。

本機はこのサイトでレビューしている。詳細は次を参照して欲しい。

MUSIC SERIES ONE(MS-1)(ALESSANDORO)のレビュー

PHILIPSの(フィリップス)のSBC-HP830

PHILIPSの(フィリップス)の密閉型のヘッドホン。一昔前、5,000円未満のヘッドホンの定番だった。私は未だに5,000円未満でこれより音が良いヘッドホンを知らない。基本性能は1万円クラスとほぼ同等で、前述したポップス・ロックに合う特徴をバランスよく併せ持っている。よって、ポップスとロックにかなり合う。

本機はこのサイトでレビューしている。詳細は次を参照して欲しい。

SBC-HP830(PHILIPS)のレビュー

SENNHEISER(ゼンハイザー)のHD25-1II

SENNHEISER(ゼンハイザー)のDJヘッドホン。耳乗せ型で側圧が強いため装着感は悪いが、密閉の耳乗せ型とは思えない音場と締まりのある低音が魅力。ALESSANDRO(アレッサンドロ)のMUSIC SERIES ONE(MS-1)と同じく、ロックに非常に合う。このヘッドホンは屋外でも使いやすそうだが、私は屋内でじっくり使うことをすすめる。

シリーズとしては下位機種にHD25-SPII、上位機種にHD26 PROがあるけど、HD26 PROは低音の量が少なくなるようなので、この機種で良いのではないか。最近、HD25-1II ニューパッケージング・バージョン(HD25)と称して、価格が安くなっているのもおいしい。

ULTRASONE(ウルトラゾーン)のDJ1 PRO

ULTRASONE(ウルトラゾーン)のDJシリーズの最上位機種。音が明るくて高音よりでテンションが高いので非常にノリが良い。よって、ポップス・ロックにかなり合う。特にテクノポップ。上述したビクターのHP-M1000と同じぐらい聴いていて楽しいヘッドホンである。さらに、密閉型の機種にもかかわらず、音場が広いのも良いポイントだ。

本機はこのサイトでレビューしている。詳細は次を参照して欲しい。

DJ1 PRO(ULTRASONE)のレビュー

ULTRASONE(ウルトラゾーン)のHFI-780

ULTRASONE(ウルトラゾーン)のHFIシリーズの最上位機種(密閉型)。同社のDJ1 PROが生産終了になったので、代替品ならこのヘッドホンか。DJ1 PROのような個性やノリの良さはないが、こちらの方が基本性能が高くてバランスが良い。

関連するページ


PCで快適!音楽生活 - PCオーディオ・ヘッドホンのレビューサイト