NTTドコモからOCNモバイルONE(MVNO)に乗り換えてみた

  1. PCで快適!音楽生活 >
  2. 関連機器 >
  3. NTTドコモからOCNモバイルONE(MVNO)に乗り換えてみた

OCNモバイルONEのホームページの画像

あなたのスマホ代は高くないですか?私は今までスマホ代を安くするために、電話はNTTドコモのカケホーダイを契約し、ネットはパケット定額サービスを契約せずにWi-Fiだけで辛抱していた。しかし、スマホをあまり使わない自分としては、月に3,000円払うのももったいないように思えてきたので、NTTドコモからOCNモバイルONE(MVNO)に乗り換えてみた。

OCNモバイルONEにした理由は、我が家の光回線(フレッツ光)のプロバイダがOCNでなじみがあったし、OCNユーザーにはOCN光モバイル割が適用されるから。私は最初OCN光モバイル割はOCN光ユーザーだけが対象と思っていたが、フレッツ光でOCNのプロバイダを契約しているだけ(OCN光 with フレッツ)でも対象になるとのこと。

※OCN光モバイル割とは、OCN光サービスとセットの利用で、OCNモバイルONEの月額利用料が、毎月220円割引になるサービスである。最大5契約の合計1,100円まで割引になる。対象となるサービスは、OCN光/OCN for ドコモ光/OCN光 with フレッツ/OCN光おまかせプラン with フレッツ/OCN光「フレッツ」(OCN光「フレッツ」Wi-Fiアクセスを除く)/OCN光おまかせプラン「フレッツ」/OCN光あんしんプラン「フレッツ」の7つだ。

※OCN光モバイル割を利用するには、光サービスやOCNモバイルONEの申し込みとは別に、本サービスの申し込みが必要になるので気を付けよう。

さらに、これは後述するが、OCNモバイルONEのWebのスマホセットは、スマホが非常に安いという理由もある。私は古いスマホ(ソニーのXperia A)を使っていたので、ぜひとも買い換えたかった。

よって、ほかのMVNOも軽く検討したが、やっぱりOCNモバイルONEを選んだ。解約金が廃止されたので、好きなタイミングで乗り換えられるのは大きいね。

料金が非常に安い

OCNモバイルONEのホームページの画像2

これはOCNモバイルONEに限らず、ほかのMVNOもそうだが、料金が非常に安い。データ+音声の容量が1GBのプランだと、毎月の料金が現在1,000円ぐらいなのが普通だ。

私の場合、OCNモバイルONEの音声対応SIMカードの1GB/月コースを契約したので、毎月の料金はOCN光モバイル割を適用して550円。新登場した一番安い500MB/月コースと同額になる。ただし、申し込み時に初期手数料(SIMパッケージ代金)が3,300円かかる。

※OCNモバイルONEの500MBのプランは、OCN光モバイル割の対象外。

スマホが非常に安い

これはOCNモバイルONEの特徴になるが、Webのスマホセットを申し込むと、スマホが非常に安い。特価のスマホは軒並み相場の半額以下なので圧倒的にお得だ。これがOCNモバイルONEを選ぶ理由のひとつになるだろう。

私は今回格安スマホを試してみたかったから、スマホの機種は中国のメーカー、Xiaomi(シャオミ)のRedmi 9T 64GB SIMフリー カーボングレーにした。価格はなんと1円!究極の格安スマホだし、一度中国のメーカーのスマホも使ってみたかったのでちょうど良い。

それにしても、相場が17,000円ぐらいのスマホを1円で販売するなんて、goo Simseller(NTTレゾナント)さん太っ腹すぎない?

乗り換えの手続きはWebだけで済む

NTTドコモのホームページの画像

乗り換えの手続きはWebだけで済むので簡単。私はMNPを利用して乗り換えたから、大まかに言うと、以下のような手順だった。

※MNP(Mobile Number Portability、携帯電話番号ポータビリティ)とは簡単に言えば、現在の電話番号はそのままに他社に乗り換えられる制度のことである。

  1. NTTドコモでMNP予約番号を取得する
  2. クレジットカードと本人確認書類を準備し、OCNモバイルONEでスマホセットを申し込む
  3. スマホとSIMカードが届いたら、スマホにSIMカードを入れてAPN(アクセスポイント名)の設定を行う

細かい手順はほかにもあるのだが、詳細はNTTドコモNTTコミュニケーションズのホームページに任せることにする。私はネットの情報も参考にしたけど、古い情報が混在していて逆にわかりにくかったので、NTTのホームページの流れに従うだけで良いと思う。

※古い情報とは例えば、解約金とMNP転出手数料がかかったことなど。現在はどちらもかからない。最近、携帯業界の変化が激しいので、更新が追いついていないようだ。

OCNモバイルONEとの契約手続きが完了した時点で、NTTドコモとの契約は解約になる。

電話料金がやや気になる

乗り換えが完了して、電話とネットの品質は今までとあまり変わらないことを確認するが、かけ放題ではないため、個人的には電話料金がやや気になる。OCNでんわで11円/30秒。まあ、これはかけ放題のオプションが用意されているので、必要になったら、追加すれば良いだろう。

まとめ

OCNモバイルONE(MVNO)は、料金もスマホも非常に安い上に、電話とネットの品質も悪くないし、かけ放題のオプションも用意されている。NTTドコモからOCNモバイルONEへの乗り換えの手続きは、Webだけで済んで簡単なので、NTTドコモのスマホ代に不満な人は乗り換えを検討してみては?現在は解約金もMNP転出手数料もかからないよ。

その後

私の親も、大して使わないガラケー(NTTドコモ)に月に3,000円以上も払っていたので、OCNモバイルONEのWebのスマホセットでスマホデビューさせた。つまり、またNTTドコモからOCNモバイルONEに乗り換えたのである。

毎月の料金は、音声対応SIMカードの1GB/月コースに、OCN光モバイル割を適用したので私と同じ。初期手数料も同額。スマホの機種は親が「意地でも国産メーカーが良い」と言うので、シャープのAQUOS sense4 SH-M15 SIMフリー シルバーにした。国産メーカーの格安スマホだが、価格は特価で6,600円とこれまた破格だった。たぶん相場は24,000円ぐらいすると思う。

乗り換えの手続きは、今回MNPで即時解約を選んだが、ここでひとつ問題が起きた。それは解約したガラケーのメールを、2段階認証のセキュリティコードの受け取り先にしてしまっていること(苦笑)。こうなると、後で面倒くさいことになるので、特に即時解約する場合は事前にちゃんと確認した方が良い。

関連するページ


PCで快適!音楽生活 - PCオーディオ・ヘッドホンのレビューサイト