TS100BK(ヤザワ)のレビュー

  1. ホーム >
  2. ヘッドホン・イヤホン >
  3. TS100BK(ヤザワ)

TS100BKの画像

主な仕様
型式
開放ダイナミック型
ドライバ直径
15mm
周波数帯域
20~20,000Hz
最大許容入力
5mW
インピーダンス
32Ω
感度
103db
質量
13g
プラグ
L型ステレオミニ(24金メッキ)
コード
1.2m

私がウォーキングのお供に時々使用しているヤザワのDSPラジオ、RD12BKの付属イヤホンが断線した。今まで購入したイヤホンで代用すれば良いのだが、このラジオは価格が超安いので、少しもったいないのである。

何かちょうど良いイヤホンはないか探していたところ、同社のTS100BKを見つけた。価格は200円ほどでステレオイヤホン。200円といえばダイソーレベルだ。これで音楽が聴けるのか?気になったので購入してみた。

※シリーズとしては、コードの長さの違いでTS100(1.2m)、TS103(3m)、TS105(5m)、色はCW(クリアホワイト)、CB(クリアブルー)、BK(ブラック)の3色があるが、外で使うので、無難な組み合わせのTS100BKにした。3mと5mはテレビ用だろう。

簡素な外箱に本体だけが入っている。保証書も何も入っていないが、200円のイヤホンにあまり細かいことを言うのは止めよう。

※外箱の型番は、【TS-100BK】とハイフンが入っており、ヤザワのホームページと統一されていない。このページの型番の表記は、ホームページ上の【TS100BK】を使用した。

外箱の裏に、初期不良には対応する旨が記載されている。

外観

価格の割にはなかなか良い。今まで購入した1,000円ほどのイヤホンとあまり変わらない。材質は全体的にプラスチックだが、重量が軽くないため、微妙に高級な感じさえする。パーツの一部に銀メッキ塗装が施されているのも功を奏しているか。

デザインは好みの問題があるが、色使い含め良くも悪くもない。私が持っているSENNHEISER(ゼンハイザー)のMX400を長くしたようなデザイン。

コードは長さ1.2m、太さ約1mm。途中から2本が合流する形(合流後は幅約2mm・厚さ約1mm)になる。コード自体はてかりがあって安っぽいが、硬くも柔らかくもなく、特に扱いづらさは感じない。左右のコードの長さは、俗に言うY型で同じ。ソニーのネックチェーン方式のように、左右のコードの長さが違うということはない。太さは合流前がかなり細くなっている。

プラグはL型ステレオミニプラグ。この価格でもきっちり金メッキ処理されているのは凄い。

装着感

普通に良い。遮音性、音漏れ防止を含め、一般的なインナーイヤー型のイヤホンと変わらない。

環境:ウォークマン NW-S736F(N)(ソニー)

音の傾向は高音よりのかまぼこ(中音強調型)か。音自体はやや細めで弱々しい。高音の量は適度、低音の量は明らかに少ない。低音が少なすぎて、一聴して音に違和感がある。

音場は奥行きにしても、左右の広さにしても普通。普通のインナーイヤー型のイヤホンといった感じ。低音がほとんど出ていないので音の抜けは良い。

基本性能、原音忠実性、質感、鮮やかさ、厚み、ノリ、打ち込み表現はどれを取っても価格なりか。正直、ただ音が出るだけのイヤホンといった感じだが、価格が非常に安いので何の文句も言えない。

合う曲のジャンルは特になし。低音が少なすぎる上に音質が悪いので、音楽鑑賞メインで使うにはつらすぎる。ラジオで声をメインに聴くのが妥当だろう。

また、このイヤホンは、最大許容入力が低すぎるため使うデバイスを選ぶ。出力が大きいデバイスで使うと、故障する可能性がある。

あわせて読みたい

まとめ

TS100BKの画像2

ヤザワのTS100BKは、低音が少なすぎる上に音質が悪いので、音楽鑑賞メインで使う人はまずいないだろう。音以外は価格以上のものを持っているから、外で安いポータブルラジオと使うには向いていると思う。

作り デザイン 装着感 遮音性 音漏れ防止
3 3 4.5 2 3
携帯性 音質 楽しさ
4.5 2 1.5

○メーカーホームページ:ヤザワ

TS100BKの購入記録と最安値

定価 購入日 購入店 状態 購入価格
オープン 2018/04/20 ヨドバシ.com 新品 225円

私の購入記録は上記のとおり。クレジットカード払いだったので、代引き手数料などはかからなかった。現状、ヨドバシ.comはいくらの買い物でも、送料が無料になるから、非常に買い物しやすい。

最安値は私の知る限りでは新品150円ほど。

※商品価格はいずれも税込表示。

関連するページ


PCで快適!音楽生活 - PCオーディオ・ヘッドホンのレビューサイト