駿河屋のネット買取を利用してみた

駿河屋のホームページの画像

  1. ホーム >
  2. その他 >
  3. 駿河屋のネット買取を利用してみた

本棚に古い本やCD/DVD、ゲームソフトなどが溜まっていたので、駿河屋のネット買取を利用してみた。駿河屋は色々なものを高価買取してくれる有名な店だそうだ。私はネット買取を利用するのは今回が初めてなのでよくわからないが、不要品が本当に高く売れるのだろうか?

●会員登録(無料)する

駿河屋のネット買取を利用するには、まずは駿河屋に会員登録(無料)する必要がある。会員登録すると、マイページが作成され、注文や買取に関する色々な機能が使えるようになる。身分証も登録(身分証画像のアップロード)できるようになるのでやっておこう。これをやっておくと、買取の度に身分証のコピーを用意する必要がなくなる。

※身分証とは運転免許証や健康保険証、パスポートなどが該当する。

●あんしん買取とかんたん買取

駿河屋の買取方法には、あんしん買取とかんたん買取がある。大まかに言えば、あんしん買取は事前に見積もり価格を出した上で買取する方法、かんたん買取は事前に見積もり価格を出さずに買取する方法だ。私は一応あんしん買取にしたが、かんたん買取より踏まなければいけない手順が多いので、どうしても買取が完了するまでに時間がかかる。できるだけ早くものを処分したい人は、かんたん買取の方が良いだろう。

※あんしん買取の検索ツールである程度の買取価格を調べてから、かんたん買取を依頼すれば良いような気がするが、この辺りが初めてで良くわからない。だから、私は一応あんしん買取にした次第。

また、送料を無料にするには、あんしん買取は見積もり価格が3,000円以上、かんたん買取は商品の点数が30点以上必要になる。このほかにも、あんしん買取とかんたん買取には、条件や使い方で色々な違いがあるが、詳細は駿河屋のホームページに任せることにする。

●見積もり価格の合計はいくら?

上述したように、あんしん買取の場合は、買取する前にメールの査定が入って見積もり価格が出る。その合計額は何と38,028円!商品数は43件(その内2件は買取不可品)。結構な額になっていてびっくりだ。私はこのタイミングで気が変わって、売る・売らない商品を少し変えた。このタイミングで商品を追加すると、その商品はかんたん買取扱いになるらしいがまあ良いだろう。これから商品を発送して本格的な査定だ。

※買取代金の受け取り方は銀行振込のほかに現金書留がある。現金書留の通信買取手数料は618円になる。

●申込書を用意

商品を梱包する前に、同梱する申込書を用意する。具体的には、駿河屋のホームページの買取申込書に必要事項を入力して印刷するのである。私は、プリンターの調子が悪くて印刷できなかったので、紙に必要事項を直接書いた。もちろんこれでもOKだ。

●商品と申込書を梱包して発送

いよいよ商品と申込書をダンボールに梱包して発送する。駿河屋はダンボールを用意してくれないので、ないなら何とかして自分で入手することになる。ダンボールは、三辺の合計が100cm以上のものと決められているので注意が必要。私は偶然家にあった、上記のサイズのダンボール3箱に、商品と申込書を梱包して発送した。梱包や発送の仕方などは、駿河屋のホームページに書かれていることを忠実に守った。

●査定は遅い?

駿河屋のネット買取で私が一番気になっていたのは、査定が遅いという評判。場合によっては、1ヶ月ほどかかることもあるという。しかし、私の場合は4日で済んで早かった。これは、もちろんその時の買取依頼の混み具合や荷物の数、梱包の仕方にもよると思う。

●査定金額の合計は結局いくら?

査定金額の合計は驚きの40,450円!商品数が107件となっているが、これは全巻揃っていない漫画が一冊ずつ数えられてしまったためで、実質は50件ほど。それでこの金額。特に電車でGO!などの古いPCゲームが高く売れた。

全巻揃っていない漫画以外の、ほぼ全ての商品が見積もり価格で買い取ってもらえたのは、商品の状態がよかったからか?運がよかったからか?初めて利用したからか?私は、見積もり価格で買い取ってくれるわけがないと踏んでいたので、うれしい誤算だった。何と緩衝材代わりに入れた週刊誌なども少額だが買い取ってくれていたよ。

●入金はいつ?

査定結果に納得したら、買取承諾フォームから承諾の連絡をすることになる。その後に入金。私の場合、買取の最終承諾が受け付けられてから3日後に、指定した銀行口座に入金されていた。買取承諾フォームの連絡は5日以内にしないと、勝手に承諾されるようなので注意が必要。

※私は見積もり依頼の際、査定結果の自動承諾を選択しなかったから上記の結果になった。自動承諾を選択すれば、入金はもっと早くなるだろう。

●まとめ

駿河屋のネット買取は、事前にある程度の買取価格がわかる良心的な買取サービスである。ひとつひとつの商品の見積もり価格をきっちり出してから買取したい人はあんしん買取、できるだけ手間をかけずに早く買取したい人はかんたん買取を選べば良い。

私が試した限りでは古い本やCD/DVD、家庭用ゲームソフトはほどほどの価格でしか売れなかったが、PCゲームが高く売れた。PCゲームをヤフオクで売るのが面倒くさい人には、駿河屋のネット買取はかなりおすすめかもしれない。


PCで快適!音楽生活 - PCオーディオ・ヘッドホンのレビュー