PHP-200S(Rio)のレビュー

PHP-200Sの画像

主な仕様
型式
ダイナミック型
ドライバ直径
30mm ネオジウムマグネット
周波数帯域
最大許容入力
50mW
インピーダンス
32Ω
感度
102db
質量
約30g
プラグ
L型ステレオミニ(金メッキ)
コード
1m OFCリッツ線
  1. ホーム >
  2. ヘッドホン・イヤホン >
  3. PHP-200S(Rio)

今は亡きアメリカのメーカー、Rio(リオ)の耳掛け型ヘッドホン。アメリカといっても、開発元は日本のフォスター電気。いわゆるOEM。Rio LIVE gearの名で販売されていたが、2005年に親会社のディーアンドエムホールディングスが、オーディオ事業から撤退したことに伴い、生産終了してしまった。

色違いでPHP-200S(シルバー)、PHP-200K(ブラック)、PHP-200T(チタン)の3種類がある。

購入動機は、耳掛け型ヘッドホンを触ったことがないという単純明快なものであるが、Amazon.co.jp(アマゾン)の激安価格も引き金になっている。その価格なんと980円!定価3,980円というからこれはもはや投売りだ。

定価3,980円ということで結構まともなものであろうし、私が初めて買った耳掛けタイプのヘッドホンでもあるし、買った時からレビューするつもりでいた。Rioなんてメーカー、聞いたことすらない。非常にマイナーどころなのもレビューするには魅力的な要素。

割としっかりした外箱に本体、キャリングケース、ユーザーガイド、保証書が入っている。

キャリングケースは硬いジャージのような生地にファスナー付き。表裏ともに【Rio】のロゴが刺繍されている。内部には持ち運ぶ際に暴れないようにネットまで仕込んである。

保証書の保証期間はメーカー保証が1年間。

外観

全体的になかなか良い。安っぽくは見えない。ハウジングはアルミ製でヘアライン加工が施されている。中央には【Rio】のロゴ。

デザインは好みの問題があるが、色使い含め普通か。

耳掛け部分のパーツはゴムか何かでコートしてある。中の材質はわからない。先端部分のパーツはアルミ製。根元の部分のパーツはプラスチックで、銀色塗装に光沢仕上げしたもの。

イヤーパッドはごく薄い黒いスポンジ。十分柔らかいし、付いた油分も見えないので気にならない。耐久性は普通にあるか。イヤーパッドは簡単には取り外せないようだ。

コードは長さ1m、太さ約1.5mm。途中から2本が合流する形(合流後は幅約3mm・厚さ約1.5mm)になるが、やや脆そう。アウトドアでの使用を考慮し、扱いやすくしているためだ。仕方ない。コード自体は柔らかく扱いづらいことはないが、癖が付きやすいか。

プラグはL型ステレオミニプラグ。金メッキ処理されている。

装着感

かなり良い。耳掛けではこれ以上は無理ではないかと思えるほど。耳掛け部分のパーツとハウジングで耳を挟む形になるが、その圧力も適度で軽量。耳掛け部分のパーツがコートしてあるおかげか痛くもない。ただし、遮音性と音漏れ防止は最低限。

環境:ネットワークウォークマン NW-E103(S)(ソニー)

音の傾向はややドンシャリ(高音・低音強調型)か。音自体はやや細め。高音の量はやや多く、若干シャリつく。低音の量は適度。こもりはほとんど感じない。声などの中音は他の音に埋もれずはっきり聴こえてくる。

音場は耳に近いところで音を鳴らすのが気になるが、耳掛けと考えればこんなものだろう。

基本性能、原音忠実性、質感、鮮やかさ、厚み、ノリ、打ち込み表現はどれを取っても価格なりか。なかなか鮮やかでノリよく聴けるが、実売価格以上というには微妙なところ。何か印象の薄い音。楽器は高音がややシャリつくせいでシンバルがうるさいか。

合う曲のジャンルはポップス。ロックも悪くないが、音の線の細さや低音の量感が、やや合わない。コストパフォーマンスは悪くない。

まとめ

PHP-200Sの画像2

総合的に見れば、実売価格でも良い方だろう。しかし、音は何か物足らない。なかなかノリよく聴けるところに、線の細い迫力に欠ける音作り。狙いどころのよくわからないヘッドホンだ。

作り デザイン 装着感 遮音性 音漏れ防止
4 3 4.5 2.5 2.5
アウトドア 音質 楽しさ
4 2.5 3

○メーカーホームページ:http://www.rioaudio.jp/(リンク切れ)

PHP-200Sの購入記録と最安値

定価 購入日 購入店 状態 購入価格
3,980円 2005/10/21 Amazon.co.jp 新品 980円

私の購入記録は上記のとおり。レビュー時点で生産終了しているので、詳細は記載しない。

最安値は私の知る限りではAmazon.co.jpの新品980円。

※商品価格はいずれも税込表示。

その後

7年ほど経過した頃に、PHP-200Sのイヤーパッドが経年劣化でボロボロになり、はがれ落ちた。最寄りのホームセンターで代用できるスポンジがないか探したが、同じくらいの厚さのものがなかなか見つからない。

関連するページ


PCで快適!音楽生活 - PCオーディオ・ヘッドホンのレビュー