KSC75(KOSS)のレビュー

KSC75の画像

主な仕様
型式
開放ダイナミック型
ドライバ直径
周波数帯域
15~25,000Hz
最大許容入力
インピーダンス
60Ω
感度
101db
質量
約30g
プラグ
ステレオミニ(金メッキ)
コード
1.2m(両出し)
  1. ホーム >
  2. ヘッドホン・イヤホン >
  3. KSC75(KOSS)

アメリカのメーカー、KOSS(コス)の耳掛け型ヘッドホン。同社のPortaPro(ポータプロ)というヘッドホンのドライバを内蔵しているらしい。

このポタプロとも呼ばれるヘッドホン、発売年は何と1984年でもう20年以上も販売され続けている。凄まじいロングセラー品だ。定評があればこそだろう。1/3ほどの価格のKSC75も、変わらない音を出すというから、期待して購入してみた。

簡素な外箱に本体と紙切れが入っている。外箱は背面の台紙に接着しているタイプのブリスターパック。

紙切れは、保証書かと思いきや多言語を使った注意書きのようなもの。保証書が入っていない。メーカー保証はないようだ。安価な海外製とはいえ、RioのPHP-200ではきちんとあったので残念。

外観

全体的に悪い。価格を考えれば仕方がないかもしれないが、安っぽすぎ。材質は大方プラスチック。途中でレビューする気が萎えるほどの質感。まさしく何かしらのおまけ(笑)。「一生懸命作っています。」という感がまるでない。体積が小さいから余計そう見えるのか。

デザインは好みの問題があるが、色使い含めやや悪い。宇宙人っぽい。

耳掛け部分のパーツは、針金のような鉄の棒を半透明のプラスチックで覆ったもの。根元の部分のパーツもプラスチックで、【KOSS】のロゴが施されている。

イヤーパッドはごく薄い黒いスポンジ。十分柔らかいし、付いた油分も見えないので気にならない。耐久性は普通にあるか。

コードは両出し。長さ1.2m、太さ約1.5mm。途中から2本が合流する形(合流後は幅約3.5mm・厚さ約1.5mm)になるが、やや脆そう。アウトドアでの使用を考慮し、扱いやすくしているためだ。仕方ない。コード自体は硬くも柔らかくもなく扱いづらいことはない。

プラグはステレオミニプラグ。形状はL型。きっちり金メッキ処理されている。

装着感

やや悪い。実質、耳に掛けるだけになる。稼動部分もほとんど動かないし、動きが滑らかではない。どうしても耳との間に若干隙間ができる感じ。重量は軽く、耳に掛けている部分は痛くはない。開放型なので遮音性、音漏れ防止はないに等しい。

環境:ネットワークウォークマン NW-E103(S)(ソニー)

音の傾向はややドンシャリ(高音・低音強調型)か。音自体は太すぎず、細すぎずちょうど良い。高音の量は適度。低音は開放型にしては量がやや多い。こもりは感じない。やや明るめの音調で、声は他の音に埋もれずはっきり聴こえてくる。

音場は耳に近いところで音を鳴らすのが気になるが、耳との間に若干隙間ができるのが功を奏して近すぎることはない。音の抜けも十分感じる。

基本性能、原音忠実性、質感、鮮やかさ、厚み、ノリ、打ち込み表現はどれを取っても価格以上。正直、外観からは考えられない音。厚みと迫力がある上、明るめの音調でノリも良い。楽器も特に苦手といったものはないように思う。

合う曲のジャンルはポップス、ロック。バランス、コストパフォーマンスとも最高レベル。

まとめ

KSC75の画像2

総合的に見れば良いとはいえないが、音はバランス、コストパフォーマンスとも最高。ALESSANDRO(アレッサンドロ)のMUSIC SERIES ONE(MS-1)をスケール小さく、若干薄味にした感じ。作りに力を入れず、音に全力投球するところも似ている。アウトドアでは携帯性は悪くないが、遮音性と音漏れ防止がないに等しいので使わない方が無難。

作りと音が対極にあるヘッドホン。

作り デザイン 装着感 遮音性 音漏れ防止
1.5 2 2.5 2 2
アウトドア 音質 楽しさ
3 3 3.5

◇メーカーホームページ:KOSS

KSC75の購入記録と最安値

定価 購入日 購入店 状態 購入価格
オープン 2007/03/23 ヨドバシカメラ 新品 2,600円

私のKSC75の購入記録は上記のとおり。知人とヨドバシカメラに寄ったついでに買った。

最安値は私の知る限りではサウンドハウスの新品2,180円。送料、手数料などを考えると、この程度の価格差ならどこで買ってもあまり変わらない。ただ、ある程度品揃えの良い店じゃないと置いていないと思う。

追記:2013年5月現在の最安値はサウンドハウスの新品1,380円

※商品価格はいずれも税込表示。

その後

6年ほど経過した頃に、KSC75のイヤーパッドが経年劣化でボロボロになった。SportaPro/PortaPro用の交換イヤーパッドが、使えるらしいのでサウンドハウスで購入した。2個で税込194円。これは安くて助かる。ただし、送料は324円かかる。ほとんど同じイヤーパッドなので、外観や装着感、音は特に変わらない。

関連するページ


PCで快適!音楽生活 - PCオーディオ・ヘッドホンのレビュー