ATH-SX1のイヤーパッドをHP-SX1a(オーテク)に交換する

HP-SX1aに交換したATH-SX1の画像

  1. ホーム >
  2. ヘッドホン・イヤホン >
  3. ATH-SX1のイヤーパッドをHP-SX1a(オーテク)に交換する

天然コラーゲン配合レザーのイヤーパッドにワクテカし、購入に至ったATH-SX1だったが、2年ほど使用した頃に問題が起きた。この画像を見て欲しい。イヤーパッド自体がちょっとした拍子に内周部から外れ、中のスポンジが見えるような状態になってしまったのだ(泣)。

天然コラーゲン配合レザーは耐久性がなく、イヤーパッドが経年劣化でボロボロとはがれ落ちるとは噂に聞いていたが、これはあんまりだ。ボロボロとはがれ落ちるまで使えないじゃないか。たまにしか使っていなかったので、外観上はほとんど無傷だというのに。

事情を購入店に説明したところ、ATH-SX1と互換性のあるATH-SX1aの交換イヤーパッド、HP-SX1a(オーテク)を無償で送ってもらえることになった。天然コラーゲン配合レザーの交換イヤーパッド、HP-SX1はもう生産終了でメーカー在庫もないらしいですよ、ユーザー諸君・・・。

購入店の素早い対応で、早速交換イヤーパッドが送られてきたので、レビューしていきたいと思う。

ATH-SX1のイヤーパッド(旧型)との違い

これまた白い外箱に、交換イヤーパッド(新型:HP-SX1a)だけが入っている。説明書も何も付いていないが、交換する際に迷うようなところは特にない。

旧型との違いは、ATH-SX1(オーディオテクニカ)のレビューその後でも述べたとおり、イヤーパッドの材質。新型は人工皮革のレザーが使われていて、装着感が若干悪化する。その分、耐久性は向上か。イヤーパッド表面のしわが多くなったのも気になる。

内周の大きさは新型の方が若干大きく、イヤーパッドが耳に当たる面積が減る。

旧型では簡単に取れてしまった内周部の作りを見ても、旧型はただ接着剤?で留めていただけだったのに対して、新型は糸か何かできちんと縫っている。これは取れない(笑)。

また、これは細かいことになるのだが、旧型には付いていた薄いスポンジが新型には付いていない。これでドライバを保護する形になっていたのだが。スポンジがない分、さらにドライバがスケスケになり、解像度が上がったような気がするが、気のせいか。

音自体は私が視聴する限りでは特に変化はない。

まとめ

新型の交換イヤーパッドのHP-SX1aは、装着感が若干悪化したのは残念だが、耐久性がアップし安心して使えるようになった。「天然コラーゲン配合レザー製で、耐久性を上げることができなかったのか?」とも思うが、現状はHP-SX1aしか販売されていないので、これを買うしかない。

その後

耳に悪そうなので、ATH-SX1のイヤーパッド(旧型)に付いていた薄いスポンジを併用することにした。

追記:5年ほど経過した頃にHP-SX1aへの2回目の交換。HP-SX1aの価格はサウンドハウスで税込2,462円。代引きで購入したのだが、代引き手数料も送料も無料だった。ATH-SX1のイヤーパッド(旧型)に付いていた薄いスポンジは、さすがに経年劣化でボロボロになって使えなくなってしまった。

関連するページ


PCで快適!音楽生活 - PCオーディオ・ヘッドホンのレビュー