MDR-EX90SLのイヤーピースをEP-EX10M/B(ソニー)に交換する

パッケージの画像

  1. ホーム >
  2. ヘッドホン・イヤホン >
  3. MDR-EX90SLのイヤーピースをEP-EX10M/B(ソニー)に交換する

MDR-EX90SL(ソニー)のレビューで、装着感は変わりようがないと記述したが、イヤーピースを別のものに交換すれば変わるのではないかと思い、EP-EX10M/Bというソニーのスペアイヤーピースを購入してみた。最寄りの家電量販店で500円ほど。

型番のM/Bはサイズ/色を表しているようだ。ミディアム/ブラックということだろう。サイズと色には他にSS・S・L各サイズとW(ホワイト)がある。

EP-EX10M/Bは、新型の最上位機種MDR-EX700SLにも使われているもので、ハイブリッドイヤーピースモデル専用。対応機種にMDR-EX90SLは入っていないが、問題なく使えるらしい。さて、効果はあるのか?

対応機種(2008年9月現在)
MDR-EX700SL/MDR-EX76LP/MDR-EX33LP/MDR-EX33SP/MDR-EX35LP/MDR-EX35SP/MDR-EX36VF

※MDR-EX90SLが対応しているイヤーピースは、厳密に言えばEP-EX1とEP-EX2。これもMDR-EX90SLのイヤーピースとは全く同じではないらしい。興味はあるのだが、S・M・Lサイズの3サイズが2個ずつ、計6個で1セットになっているので、自分に合わないサイズを押し付けられるデメリットがある。

※MDR-EX90SLのイヤーピースと全く同じものは、製品化されていないが、指定したサイズだけメーカーから取り寄せることが可能。価格はどのサイズも片側1個200円(税別)だ。

イヤーピースの交換は、MDR-EX90SLのイヤーピースと比べて固くやりにくい。対応機種になっていないからだろうか?おかげで、パッケージ裏面のわかり切った説明を、何度も読み返す羽目になった。逆に言えば、これだけ固いと着脱する際に、イヤーピースが誤って耳の穴に残ってしまうことはないだろう。

MDR-EX90SLのイヤーピースとの違い

MDR-EX90SLのイヤーピースとの違いは、まず第一に装着感。EP-EX10M/Bは同じMサイズでも、MDR-EX90SLのイヤーピースに比べて先の穴が小さく、縦横に若干長い。さらに、質感もよりグリップの効いた滑らないものになっているので、フィット感が向上する。まあ、これは付ける人の耳のサイズにも関係するところだが。

そして、第二に音。先の穴が小さくなったこととフィット感が向上したせいか、メリハリの効いた低音寄りの音調になる。高音はMDR-EX90SLのイヤーピースの方が出るか。音場は特別よくなった感じはしないが、私はこちらの音の方が好みだ。MDR-EX90SLのどこか元気のない鳴りが元気になった印象になる。

まとめ

EP-EX10M/Bは、MDR-EX90SLのイヤーピースの代替品として十分に機能する。500円で装着感と音の微妙な違いも楽しめる。ソニー製品は置いている店も多いので、予備品として気軽に買うのも吉だ。MDR-EX90SLのイヤーピースを紛失してしまった人は、実質このイヤーピースを買うことになるだろう。

関連するページ


PCで快適!音楽生活 - PCオーディオ・ヘッドホンのレビュー