Aurvana Air EP-AVNAIR(CREATIVE)のレビュー

Aurvana Air EP-AVNAIRの画像

主な仕様
型式
ドライバ直径
15.5mm ネオジウムマグネット
周波数帯域
20Hz〜20kHz
最大許容入力
インピーダンス
32Ω
感度
102db
質量
約16g
プラグ
ステレオミニ(金メッキ)
コード
約1.2m 熱可塑性エラストマーコーティング(両出し)
  1. ホーム >
  2. ヘッドホン・イヤホン >
  3. Aurvana Air EP-AVNAIR(CREATIVE)

価格破壊イヤホン。アメリカのメーカー、CREATIVE(クリエイティブ)のAurvana Air(アルバナエアー)EP-AVNAIRをレビューする。カナル型ではない、普通のインナーイヤー型のイヤホンである。

このイヤホンは定価が20,367円とかなり高く設定されているが、現在クリエイティブストア楽天市場店で新品が税込5,940円!凄い値引き率だ。これだけ定価とかけ離れているのも珍しい。非常に評価の高いイヤホンだし、なくなって後悔するのは嫌なので一応捕獲しておいた。私はやっぱりカナル型より普通のイヤホンが好きなのである。

※過去にはCreativeロゴ入りポーチもプレゼントされたようだが、現在は終了している。

メーカーとしては、サウンドカードのSound Blaster(サウンドブラスター)シリーズで有名。こちらは主にゲーム、映画観賞用といわれているので敬遠していたが、Aurvana Air EP-AVNAIRは音楽鑑賞用だ。同じ音楽鑑賞用のAurvana Live! HP-AURVN-LVも、評価が高いし、どんな音を出すのか?注文する時点から楽しみだった。

プラっぽい外箱にアクリルケース、本体、イヤーパッド(2ペア)、キャリングポーチ、取扱説明書、保証書などが入っている。

本体はアクリルケースに入っていてなかなか高級感があるが、がっちり固定されているので、取り外すのに一苦労した。

イヤーパッドはいつもどおり薄いスポンジ。

キャリングポーチにはあらかじめインナーケースが収められている。キャリングポーチの材質は人工皮革か。

保証書の保証期間はメーカー保証が12ヶ月間。

●外観

全体的に良い。一見して、耳掛け型ヘッドホンのような耳掛け(イヤーフック)が、目に入る。イヤーフックは、材質がニッケルとチタンの合金になっているらしいが、かなり細いので折れてしまわないかやや心配。表面は、汗や汚れによる腐食をおさえるためにコーティングがされており、先端の方には、耳に接触しても痛くないようにゴムのパーツが取り付けられている。

本体の材質は大部分がブラスチックと思われる。金属のように見えるが、メッキ塗装しているだけのようだ。型式は、本体裏面に穴が開けられていることを考えると、ダイナミック開放型だろう。仕様には何も記載されていない。プロテクター?(ドライバーの覆い)はアルミニウム製か。プロテクターが金属でできているイヤホンとは珍しい。色や表面処理の綺麗さ、【CREATIVE】のロゴが相まって、なかなか高級感のある外観だ。

デザインは好みの問題があるが、色使い含め普通か。

イヤーパッドは標準では付いていない。付属のイヤーパッドを付けることによって、装着感が改善する。

コードは両出し。長さ1.2m、太さ約1mm。途中から2本が合流する形(合流後は太さ約2mm)になる。コードの表面は、熱可塑性エラストマー(TPE)コーティングで、もつれや絡みに強く、タッチノイズを低減しているとのこと。左右のコードの長さは同じ。左右のコードの長さが違う、いわゆるソニーのネックチェーン式のようにはなっていない。太さは合流前が細いので断線しないか心配。

コード(ケーブル)には、あらかじめケーブルスライダーが付いているので、ケーブルを好きな長さにまとめられる。ケーブルスライダーのストッパーには【AURVANA】の文字。

プラグはステレオミニプラグ。もちろん金メッキ処理されている。上記のケーブルスライダーにしろ、プラグのグリップ部分にしろ、金属で丁寧に作られていて好感が持てる。

●装着感

普通に良い。ただし、イヤーフックのせいで装着にやや手間取る。この装着のしにくさを考えると、「イヤホンに耳掛けがいるのか?」と思えてしまう。遮音性、音漏れ防止は安いインナーイヤー型のイヤホンとほとんど変わらない。肌触りをよくしたければ、付属のイヤーパッドを使うことになる。

●音

環境:ウォークマン NW-S736F(N)(ソニー)

音の傾向はややドンシャリ(高音・低音強調型)か。音自体は若干細めのように聴こえるが、解像度が高いので、そう感じるだけかもしれない。高音、低音とも量はやや多く、目立つ。特に低音はかなり深い上に厚みと締まりもある。インナーイヤー型にもかかわらず、どこかカナル型に近い低音。イヤーフックで、しっかり装着されていることが功を奏しているのか。それでいて、こもりはほとんど感じない。やや明るめの音調で、声は他の音に埋もれずはっきり聴こえてくる。

音場は、左右の広さにしても、奥行きにしても、私が持っている他のインナーイヤー型のイヤホンとあまり変わらないが、基本性能が高い上に空間に曇りがないので、非常にはっきりしていてわかりやすい。音の抜けも良い。

基本性能は価格の割に非常に良い。私が今までに購入した、インナーイヤー型のイヤホンの数段上をいっている。原音忠実性は良いレベル。同社のサウンドカード、サウンドブラスターの影響からかもっと作られた音を想像していたが、至って自然な音を出す。

質感、鮮やかさ、厚み、ノリ、打ち込み表現は全て価格以上の価値がある。特に鮮やかさ、ノリ、打ち込み表現はかなり良い。高音と低音がしっかり出ることや明るめの音調、切れのある音がこれらの要素を底上げしている。楽器も特に苦手といったものはないように思う。

合う曲のジャンルはポップス、ロック。現在の価格を考えると、コストパフォーマンスは最高というほかない。

※上記のレビューでは付属のイヤーパッドは使っていない。付属のイヤーパッドを使うと、やや低音よりの温かみのある音になる。

●まとめ

Aurvana Air EP-AVNAIRの画像2

CREATIVEのAurvana Air EP-AVNAIRは、イヤーフックに賛否両論あると思うが、現在の価格を考えると、その他のことにまず不満はないだろう。特に音質は、この価格からは考えられないものを持っている。

インナーイヤー型のイヤホンが好きな人は、今すぐ捕獲しておいても良いのではないか。なぜなら、カナル型のイヤホンが主流の中で今後、これほどお買い得で音質の良い、インナーイヤー型のイヤホンは出るかどうかわからないからだ。

作り デザイン 装着感 遮音性 音漏れ防止
4 3 4 2 3
アウトドア 音質 楽しさ
4 4.5 4

◇メーカーホームページ:CREATIVE

●Aurvana Air EP-AVNAIRの購入記録と最安値

定価 購入日 購入店 状態 購入価格
20,367円 2016/9/5 クリエイティブストア(楽天) 新品 5,940円

私の購入記録は上記のとおり。上述したように、クリエイティブストア楽天市場店の特価に釣られて買った。クレジットカード払いだったので、代引き手数料などはかからないが、送料は540円かかった。よって、楽天スーパーポイントを1,400ポイント使用したことを合わせ、5,940円+送料540円−1,400ポイント=合計5080円。

最安値は私の知る限りではクリエイティブストア楽天市場店の新品5,940円

※商品価格はいずれも税込表示。

関連するページ


PCで快適!音楽生活 - PCオーディオ・ヘッドホンのレビュー