オーディオ用ステレオイヤホン(ダイソー)のレビュー

  1. ホーム >
  2. ヘッドホン・イヤホン >
  3. オーディオ用ステレオイヤホン(ダイソー)

オーディオ用ステレオイヤホンの画像

主な仕様
型式
密閉ダイナミック型
ドライバ直径
周波数帯域
20~20kHz
最大許容入力
1W
インピーダンス
32Ω
感度
112±3db
質量
プラグ
ステレオミニ
コード
約1.0m

ヤザワのTS100BKで、価格が一番安いイヤホンに興味が湧いたから、ダイソーの100円のものを購入してみた。名称はオーディオ用ステレオイヤホン。カナル式のスタンダードタイプ。色はブルー。たぶんこれ以上安いイヤホンはもうないだろう。

ダイソーの100円のイヤホンには、色々なシリーズやカラーがあるようだが、私は深く追及したり、聴き比べたりする気はない。作りや音質はどれも似たようなものだと思うので、オーディオ用となっているこのイヤホンを、ダイソーの100円イヤホンの代表としてレビューする。それにしても、100円のイヤホンで利益が出ることには本当に驚くね。

非常に簡素なパッケージに本体だけが入っている。

パッケージの裏に、初期不良には対応する旨が記載されている。

また、これは細かいことになるが、左右のコードがイヤホンの下10cmぐらいまでしか割けていないため、合流部まで自分で割く必要がある。これにはちょっとびっくりした(笑)。

外観

全体的にかなり悪い。一見して材質が全てプラスチックとわかる外観。お菓子のおまけや安いガチャガチャの玩具を彷彿とさせる。背面には一応【L】と【R】が印字されているが、私の個体は【R】の印字濃度が明らかに薄い。これは個体差なのか、それとも触っているうちにはがれたのか。重量は外観が安っちいだけあって非常に軽い。

デザインは悪い。色使いはしゃれているが、プラスチック丸出しの表面が痛いし、形状もかっこ悪い。

イヤーピースはシリコーン樹脂製とのこと。厚さは、一般的なカナル型イヤホンのイヤーピースとあまり変わらない。

コードは長さ約1.0m、太さ約1mm。途中から2本が合流する形(合流後は幅約2mm・厚さ約1mm)になる。コード自体は硬くも柔らかくもなく、特に扱いづらくはない。左右のコードの長さは同じで、左右のコードの長さが違う、いわゆるソニーのネックチェーン方式のようにはなっていない。太さは合流前がかなり細い。

プラグはステレオミニプラグ。100円ではさすがに金メッキ処理まで手が回らなかったようだ。

装着感

普通に良い。100円のイヤホンが形状など考慮されているわけがないが、サイズが適度なので、耳に押し込めにくくもなければ、外しにくくもない。遮音性、音漏れ防止は意外にも良い。

環境:ウォークマン NW-S736F(N)(ソニー)

音の傾向はややかまぼこ(中音強調型)か。音自体は太すぎず、細すぎずちょうど良い。高音の量は適度。低音の量はカナル型にしてはかなり少なく、こもりはほとんど気にならない。声などの中音は他の音に埋もれずはっきり聴こえてくる。

音場はカナル型にしても音が近くて狭い。ポップス・ロックなら、音場的に聴けないことはないのだが、基本性能が低いため、空間の曇りがひどくて聴く気にならない。

基本性能、原音忠実性、質感、鮮やかさ、厚み、ノリ、打ち込み表現はどれを取っても価格より良いが、ただ音が出るだけのイヤホンといった感じは拭えない。まあ、100円ということを考えれば、音が出るだけでも十分だろう。

合う曲のジャンルは特になし。音質が悪いので、音楽鑑賞メインで使う気にはならないと思う。音が聞こえれば良いという人向け。外で安いポータブルラジオと使うなら、これでよかったかもしれない。

あわせて読みたい

まとめ

オーディオ用ステレオイヤホンの画像2

ダイソーのオーディオ用ステレオイヤホンは、作りやデザイン、音質など悪い要素が多いが、100円ということを考えると、全てよくできているといって良いだろう。100円でもここまでできるということを教えてくれるイヤホンだ。

作り デザイン 装着感 遮音性 音漏れ防止
1.5 2 3.5 4 4
携帯性 音質 楽しさ
4.5 1.5 2

○メーカーホームページ:ダイソー

オーディオ用ステレオイヤホンの購入記録と最安値

定価 購入日 購入店 状態 購入価格
108円 2018/06/13 ダイソー 新品 108円

私の購入記録は上記のとおり。ダイソーに寄ったついでに買った。

最安値は100円均一なので新品108円。

※商品価格はいずれも税込表示。

関連するページ


PCで快適!音楽生活 - PCオーディオ・ヘッドホンのレビューサイト